船内の食事

ピースボート船内の食事

船内の三食は旅行代金に含まれている。
朝と昼はビュッフェ方式、夜は日替わり定食がサーブされる。
決められた食事時間内に、4階のレストランと9階のデッキのどちらか好きな方に行けば良いのだ。

 

この日の夕食はエビフライ定食

この日の夕食はエビフライ定食

 

朝食は7時から9時まで。
さらに早起きな人の為に、6時30分からモーニングコーヒーが飲めるようになっている。

 

私の定番朝食ビュッフェ

私の定番朝食ビュッフェ。ヨーグルトと果物が嬉しい!

 

9階のデッキで朝の海風に吹かれながら朝ご飯を食べるのは気分爽快!(海風に当たると塩分で体が若干ベタベタになるけれど……)4階のレストランでは白ご飯、味噌汁、焼き魚、納豆など、ザ・和食な朝食が食べられる。

 

昼食は11時30分から13時30分まで。
サラダやおかず、ご飯ものなど6〜7種類がビュッフェ方式で並ぶ。

 

夕食は4階と9階で違うメニューになる。
4階のレストランは17:30〜18:30と19:30〜20:30の入れ替え制で、皆同じ日替わり定食がサーブされる。

 

4階レストランの日替わり定食メニュー

4階レストランの日替わり定食メニュー。デザートまでつく、なかなかのボリューム。

 

チキン南蛮と冷やしビーフンの定食

チキン南蛮と冷やしビーフンの定食

 

一方9階では、17:30〜19:30の間、「親子丼」「カレー」「麻婆豆腐」など、いわゆるどんぶりご飯が日替わりで1種類用意されている。
こちらはビュッフェ形式で、好きな量だけ取ることができる。

 

4階と9階の夕食は両方食べても良いので、4階で定食を食べた後、9階でカレーも食べる、なんていう「夕食はしご族」も多発。
私も時々はしごしてしまう……。
急いでいる時は9階でさくっとお腹を満たし、デザートだけ食べに4階に行く、なんていう裏技も。

 

居酒屋のラーメン

居酒屋のラーメン。これがなかなかのクオリティで美味!

 

それでも小腹が空いた時は、船内の居酒屋やバーで夜食を食べることも可能。
これは別料金になるが、枝豆や冷奴などのおつまみから、寿司やラーメンに至るまで、なかなか充実したラインナップなのだ。

 

長らく一人暮らしをしている身としては、毎日三食用意されている生活はかなりの幸せ。
40年、50年の間、家族の食事を作り続けてきたお母様方も、「3か月も自動的にご飯が出てくる生活を味わったら、元の生活に戻れないわー」と嬉しい悲鳴を上げていた。

 

貧乏性な私としては、一日三食用意されているならきっちり三食食べないともったいないような気がしてきてしまう。
結果、日本にいる時よりもかなりの量を食べている。
まあ、その分毎日ストリートダンスのレッスンに出たりして運動しているし、早寝早起きだから健康的な生活だとは思うのだが、さすがに食べ過ぎだ……と思い、「今日から夜炭水化物を食べない!」と宣言した。

 

まさかの炭水化物トリプルパンチ定食

まさかの炭水化物トリプルパンチ定食

 

で、夕食を食べに行ったら、日替わり定食がまさかの「ラーメン」×「チャーハン」×「餃子」の炭水化物トリプルパンチ。
全く食べないのも同じテーブルの方に申し訳ないと思い、しっかり平らげてしまった。
こういう時は、選択肢がないのがちょっと辛いところだなぁ……。

スポンサードリンク

船旅・世界一周旅行記ブログ目次

ピースボート世界一周クルーズ

運営情報