エジプト・サファガ観光

エジプトの小さな港、サファガを散策

元々明日の早朝予定だったエジプトのサファガ港への入港が早まったので、今日の夕方もエジプトに上陸して自由散策して良いことになった。
約10日ぶりの寄港に、皆のテンションも上がっている様子だ。

 

といっても、エジプト中部の小さな港、サファガには見るべきものは特に何もない。
でも、色々な国の人々の日常を見るのが好きな私にとっては、逆に好都合だった。

 

サファガの街並み。奥に見えるのがイスラム教の寺院モスク

サファガの街並み。奥に見えるのがイスラム教の寺院モスク

 

水タバコのパイプ

水タバコのパイプ

 

港を出ると、地元の人たちがたむろす食堂が数軒あって、たくさんの人がコーヒーを飲んだり水タバコをふかしている。
このあたりのエジプト人の多くが、男女共「ガラベーヤ」と呼ばれるワンピース状の民族衣装を着ていて、異国に来たなーと実感させてくれる。

 

アラビア文字の看板?落書き?

アラビア文字の看板?落書き?

 

タクシー?の運転手さんと値段交渉をして、車で少し街をぶらぶら。

 

昔ながらの鉄の重りで重さを計ってもらって(だいぶアバウトだったけど)果物を買ったり、丸くて大きなパンを手作りしている様子を眺めたり。

 

店先に吊られたバナナ

店先に吊られたバナナ

 

昔ながらの秤

昔ながらの秤

 

何も特別なことはないけど、その土地に暮らす人々の生活が感じられて、ひとつひとつが楽しい。

 

暗くなってきたので、港の前の食堂に戻って夕食を食べることに。

 

昔ながらの秤

夕食を食べた食堂

 

明らかに観光客なので、ぼったくられるかなあ、と思いつつ4人で少し奥まった店に入ってみた。

 

特にメニューは無く、あるものが自動的に運ばれてきたのだが、これが大正解!ガイドブックなどを見て食べたいと思っていた、エジプト定番のシンプルな食事にありつくことができた。

 

鶏肉を骨付きのままこんがり焼いたもの、細いパスタの入ったライス。
アエーシと呼ばれる丸いパン。
トルシーという野菜のピクルス、野菜のスープ。

 

食堂での夕食

 

どれも素朴な味で美味しかったし、しかも一人1ドル位とリーズナブルな価格だった。
店主の息子と思われる小学生位の男の子も、取り皿を持って来たり、水を用意してくれたり、と色々世話を焼いてくれてるとても良い子で。
船内での説明会で、「エジプトでは観光客をだましたりぼったくったりする人が多いので気を付けてください」と言われていて、少し警戒していた自分が申し訳なくなった。
中にはそういう人もいるのだろうけれど、まずは実際に自分の目で見たことを信じないといけないなあ、と。

 

食後にトルコ式の煮出すタイプのコーヒーも飲んで、大満足のサファガ散策だった。

 

トルコ式コーヒー。好みで砂糖を入れて飲む

トルコ式コーヒー。好みで砂糖を入れて飲む

 

フレーバー付きコカコーラ。かなり甘い……

フレーバー付きコカコーラ。かなり甘い……

スポンサードリンク

船旅・世界一周旅行記ブログ目次

ピースボート世界一周クルーズ

運営情報