ピースボートのクルー達

ピースボートでお世話になったクルー達のこと

ピースボートは日本の団体が運営しているクルーズで、乗客はほぼ100%が日本人なのだが、船自体は外国籍で、働いているクルー達も外国人だ。
インドネシア、フィリピンなどの東南アジア系から、インド、ウクライナ、プエルトリコなどなど、色々な国のクルーが乗り込んでいた。

 

日本語を話せるクルーはほとんどいないので、身振り手振りや片言の英語でのコミュニケーションになるのだが、皆陽気でノリが良い。
覚えたての日本語で「ハーイ元気?」と話しかけてくれたり、ひとりで食事の写真を撮っていたら「俺が撮ってやるから、ちゃんとポーズしろ!」とやたら細かくポーズを指定されたり。
こんな交流も長期クルーズの醍醐味だな、と思う。

 

レストランのサービスクルーたち

レストランのサービスクルーたち

 

普段はなかなか出会えない船長

普段はなかなか出会えない船長

 

私達の部屋の掃除を担当してくれていたオスデンはインド人。

 

部屋担当のクルー、オスデン

部屋担当のクルー、オスデン

 

ルームメイトが枕元に置いていたぬいぐるみを、掃除する度に違うポーズにしていったり、なかなかお茶目なクルーだった。
彼はインドに奥さんと子供を残して船で働いていて、船が3か月に一度インドに寄港すると、そこで降りて休暇を取るそうだ。

 

そんな感じで、船が自分の近くの国に立ち寄ると、休暇で船を降りるクルーがいて、代わりに休暇明けで乗り込んでくるクルーもいる。
オスデンの代わりにインドから乗ってきた新しい部屋担当のクルーはちょっとシャイで無口なキャラクター。
旅の終わりまでに仲良くなれるといいな。

 

ビアガーデンイベントで日本のはっぴを着たクルーたち

ビアガーデンイベントで日本のはっぴを着たクルーたち

スポンサードリンク

船旅・世界一周旅行記ブログ目次

ピースボート世界一周クルーズ

運営情報