ピースボートのブリッジツアー

ピースボートのブリッジツアーで操舵室を見学

船の操舵室を見学できるブリッジツアーに参加。
普段なかなか見られない操舵室ということで、かなりワクワクしながら行ってきた。

 

船は基本的に全自動で動いているので、スタッフは奥のスペースで作業をしていて、操舵室はがらんとした雰囲気。

 

操舵室全景

操舵室全景

 

映画なんかを見ていると、船長が巨大なハンドルを全力で回しているイメージがあったけど、今のハンドルは小ぶりで、自動車のハンドルを一回り大きくした位だった。
普段は自動運転だからずっとハンドルを握っている訳ではなく、狭いところを通り抜けたり、港に着岸したりといった細かいハンドルさばきが必要な時だけ手動で動かすらしい。

 

意外と小さいハンドル

意外と小さいハンドル

 

操舵室にはたくさんのスイッチが。
元々色々な機器やスイッチが付いているものが好きなので、テンションが上がってスイッチの写真を撮りまくる若干怪しい人になってしまった……。

 

スイッチがたくさん

スイッチがたくさん

 

船はそれぞれ自分の位置情報をレーダーで発信しているので、周りにいる船の名前や進行方向が画面上に表示される。
もしこのレーダー画面上に表示されない船があれば、海賊船などの可能性があるので、レーダー上の船情報と実際の海上の状況が一致しているか、双眼鏡を使ってチェックしているのだそう。
ここは、地道な手作業が必要なんだな。

 

レーダー画面

レーダー画面

 

棚にはアルファベットA-Zから始まる、「GOLF」「INDIA」などユニークな名前のついた旗がずらっと並んでいる。
旗にはひとつひとつ意味があって、それを周りに知らせるために甲板に掲げるのだ。

 

A-Zまでの名前がついた旗

A-Zまでの名前がついた旗

 

普段なかなか見ることのできない操舵室。
予想外の事もたくさんあって面白かった。

 

スポンサードリンク

次のページ>>水先案内人講座

船旅・世界一周旅行記ブログ目次

ピースボート世界一周クルーズ

運営情報