ピースボートのポスターのからくり

Peace Boatポスターのからくり。ピースボートに無料で乗船できるかも?

乗客の中で一番多いのはシニア層だが、その次に多いのは大学生だ。
今回のクルーズはちょうど夏休み期間にかぶっていたこともあって、特に大学生の比率が多いそう。
ちなみにシニア、大学生に続く第3勢力が私達20代後半〜30代前半組。
私と同じように数年社会人経験を積んだ後、会社を辞めて来た人達が多い。

 

 

それにしても、船で世界一周するにはお金が掛かる。
他の豪華客船と比べたら格段に安いPeace Boatでも、約3か月のクルーズで基本料金だけで約100万円。
自分が大学生時代にはそんなお金無かったのに、何故こんなにたくさんの大学生が船に乗れるのだろうと不思議に思っていたが、それにはちょっとしたからくりがあった。

 

Peace Boatという名前を知らなくても、居酒屋のトイレによく貼ってある世界一周のポスターと言えばピンとくる人も多いはず。
まさにこのポスターが若者とPeace Boatを結びつけているのだ。

 

最近のPeace Boatポスター

最近のPeace Boatポスター

 

少し前のPeace Boatポスター

少し前のPeace Boatポスター

 

このポスターはPeace Boatのボランティアスタッフと呼ばれる人たちが貼っている。
実は貼った枚数に応じて、乗船時の料金が割引になるという仕組みがあるのだ。
確か3枚で1000円分の割引だったかな。
この仕組みを利用して、100万円の料金全額をポスター貼りの割引で支払うツワモノも結構な数存在する。
ちなみにこれを「全クリ(ア)」と呼び、「○○君全クリしたんだって〜」というような会話も良く耳にする。

 

このポスター貼り、モノは試しと思い私も2回だけ挑戦したことがある。
「知り合いの店に貼らせてもらうのかな?」位に思っていたら、これがかなり組織立ったものでびっくりした。

 

ポスター貼りをしたい人は、朝8時に地域のPeace Boatセンターに集合する。
そこには今日ポスター貼りをする地域の地図が広げられていて、それぞれの担当区域が割り振られる。
「○○君はXX町2丁目のこの道路からこの道路まで」というような具合だ。

 

そのエリア内にある建物には、飲食店であろうと民家であろうとラブホテルであろうと、全て飛び込んでポスターを貼らせてくださいとお願いする。
OKが出たら、1枚1枚貼った所の住所、店舗名、貼った場所、壁の素材などをメモして、お店の方のサインをもらう。
これを丸一日繰り返すのだ。

 

100枚近いポスターやらテープやらを担いで一軒一軒飛び込んで回るのは、精神的にも肉体的にもかなりタフな作業。
でも周りの皆は「船に乗る」という目標達成の為に、毎日生き生きとこのポスター貼りを繰り返していた。

 

社会人の視点で見ると、このポスター貼りというのはなんともよくできた仕組みだと思う。
Peace Boat側はほとんどコストを掛けずに若者の労働力を大量に広告営業に投入することができる。
ポスターは無料で貼らせてもらっているから、広告料も掛からない。

 

若者側は旅行代金を貯められるだけでなく、船に乗る前から仲間が出来たりして楽しそうだ。
旅行代金分を稼ぐのには、正直もっと割が良くて楽なアルバイトはいくらでもあるだろう。
それでも毎日汗だくになりながら楽しそうにポスター貼り行脚をする彼らを見ていると、実は「一つの目標に向かってがむしゃらに頑張る」という体験を欲しているのかな、と感じた。
最近の若者はストレス耐性が無い、大変な仕事をしたがらない、などと言われるが、一度やる気を出す環境が整えば、かなりストイックに頑張る人達も多いのだと思う。
若者のモチベーションを上げる仕組み作りの参考になりそうだ。

スポンサードリンク

船旅・世界一周旅行記ブログ目次

ピースボート世界一周クルーズ

運営情報