シンガポール観光で食い倒れ

シンガポール観光で食い倒れ

早朝、朝日と共にシンガポールへ到着。
シンガポールに滞在できるのは約8時間。
シンガポールには前にも一度来たことがあるので、今回は食い倒れに専念することにした。

 

アイスカチャン

 

南国シンガポールに欠かせないスイーツといえば、アイスカチャン。
要するにかき氷みたいなものだけど、氷自体に味がついていて、ふわふわ&しっとりした食感。
ドリアン味に少しだけ心惹かれたけれど、今回は定番のマンゴーアイスカチャンを選択。
マンゴーもしっかり入って300円位!炎天下を歩き回ってヘロヘロだったけれど、すっかり回復。

 

マンゴーのアイスカチャン

マンゴーのアイスカチャン

 

チキンライス(シンガポールライス)

 

シンガポールを代表する料理、チキンライス。
鶏肉を茹でて冷やしたシンプルな料理だけれど、しっとりしていて美味しいんだな〜。

 

シンガポール在住の友人曰く、チキンライスは究極の節約料理らしい。
チキンを茹でた後の茹で汁でご飯を炊き、さらに付け合せのスープとしても飲む。
まさに「一石三鳥」なのだそう。

 

チキンライス(シンガポールライス)

チキンライス(シンガポールライス)

 

フィッシュヘッドカレー

 

写真ではイマイチわかりにくいけれど、カレーの中に魚の頭が丸ごと入っている。
魚の身の淡白な味と、カレーの複雑なスパイスの味が絶妙なバランスで混じりあって美味!!

 

フィッシュヘッドカレー

フィッシュヘッドカレー

 

ラクサ

マレー系の定番麺料理。
ココナッツミルクとスパイス、チリの組み合わせは豆乳チゲ鍋?的なクリーミーな味。

 

ラクサ

ラクサ

 

花生湯

ホーカーで食後のデザートに選んだのは「花生湯」という甘いスープ。
「花生」は中国語でピーナッツのことで、お汁粉のピーナッツバージョンという感じ。
これに揚げパンを浸して食べる。
素朴な甘さでほっとする味なのです。

 

ピーナッツ味のお汁粉、花生湯

ピーナッツ味のお汁粉、花生湯

 

 

シンガポール人の胃袋、ホーカー

シンガポールには至る所に「ホーカー」と呼ばれるフードコートがある。
ジューススタンドから麺やご飯物まで、たくさんの屋台がひしめき合っていて、シンガポール人の生活には欠かせない場所なのだそう。

 

シンガポール人の胃袋、ホーカー

シンガポール人の胃袋、ホーカー

 

シンガポールの罰金制度

 

そういえば、シンガポールは街が綺麗。
ゴミひとつ落ちていない。

 

なぜならシンガポールは世界一の罰金大国だから。
写真は地下鉄の入り口にある看板。
「Fine」というのは罰金という意味だ。
禁止の場所でタバコを吸ったら罰金SIN$1,000(約7万円!)、飲食禁止の場所で飲食したらSIN$500(約3万5000円)など、かなりの高額でびっくり。

 

罰金の案内板

罰金の案内板

 

画像の右下の絵、「No durians」はその名の通り、ドリアン持ち込み禁止。
ドリアンを地下鉄に持ち込んだら罰金!だそう。
これが4つの禁止事項の一つに入ってしまうのが、お国柄というか、おもしろいなあ。

スポンサードリンク

船旅・世界一周旅行記ブログ目次

ピースボート世界一周クルーズ

運営情報